炎のお祭り

●吉田の火祭り(山梨)
冨士浅間神社と諏訪神社の秋祭りで、今は「鎮火祭」として8月の26・
27日に開催され、富士山のお山じまいの祭りでもあります。26日夜に
町じゅうでたいまつがたかれる光景は特に見どころ。
この祭とともに富士山は短い夏を終えて秋を迎えます。

公式サイト
http://sengenjinja.jp/himatsuri/index.html

●永平寺大燈籠ながし(福井)
夏になると全国各地の河川で灯篭流しが行われますが、福島県の
永平寺町で開催される九頭竜フェスティバル「永平寺大燈籠ながし」で
九頭竜川に流される燈籠の数はなんと1万個。
燈籠ながし以外にもミニステージやバザー、花火の打ち上げまであって
イベントとして夏を味わえます。

公式サイト

トップページ

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e4%ba%94%e5%b1%b1%e9%80%81%e3%82%8a%e7%81%ab

●五山の送り火(京都)
祇園祭と並ぶ京都の夏の風物詩といえば京都五山送り火。最も有名な
東山如意ケ嶽の「大文字」の他にも、金閣寺大北山の「左大文字」、
松ヶ崎西山・東山の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、嵯峨曼荼羅山の
「鳥居形」らがすべて、毎年8月16日の20時に点火されます。
民間によって数百年もの間受け継がれてきた行事で、その起源は定か
ではありません。

公式サイト
https://www.kyokanko.or.jp/okuribi/